プレスリリース

東レ・グループへの参加について

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素より格別のご支援ご高配を賜り厚くお礼申し上げます、
 
この度、平成30年11月8日を持ちまして、ムーンクラフト株式会社(所在地:静岡県御殿場市、代表取締役社長:由良 拓也、以下「ムーンクラフト」)は、炭素繊維複合材料を活用した製品開発・製作分野で高い評価を得ている東レ・カーボンマジック株式会社(本社:滋賀県米原市、代表取締役社長:奥 明栄、以下「東レ・カーボンマジック」)に全株式を譲渡し、東レ・グループの一員となり新体制のもと社業に邁進していくことを、2社間で合意いたしました。
 
東レ・カーボンマジックは、2013年の東レ・グループ入り以降、組織や体制の強化、設備や機能の増強を推し進め、研究・開発から生産まで一貫した対応能力を強化してきました。同時に、レーシングカー開発で培った炭素繊維複合材料(以下「コンポジット」)技術を応用し、さまざまな分野と用途で高性能・高機能コンポジットの製品化を実現してきました。現在、市場が拡大している航空機部品、産業機器用途に加え、電動化を契機に軽量化ニーズが一層の高まりを見せる自動車用途での需要増に備え、さらなる開発領域の拡大と増強を図るとともに、創造的かつ革新的なものづくり提案力の強化に積極的に取り組んでいます。
 
ムーンクラフトは、創設者の由良 拓也が自らのデザインで自動車などの乗り物を製造すべく1975年に設立。以来数々のレーシングカーやロードカーを開発し、日本モーターレーシング界をコンストラクターとして長く支えてきた存在です。また、並行して工業製品の企画・デザイン・設計・試作・製品化を幅広く手掛けるなど、創造的なものづくりを強みとしています。
 
今回、ムーンクラフトは東レ・カーボンマジックとの合体を機に、東レ・グループの最先端コンポジット・リソースを共有し、ものづくり技術深化の源泉であるレーシングカー開発環境の基盤を整え、新しい時代のレーシングカーコンストラクターを目指します。その先には今まで培われてきた技を深化させるカロッツェリア(自動車制作工房)として、また現代最新の術を駆使するラボ(研究所)として、自動車の未来を創造・提案することが可能になるでしょう。そして、これからの活動が、ものづくり技術、およびコンポジット技術の持続的進化と拡大を促進し、ひいては日本のモーターレーシングの発展を後押しするものと考えています。
新しいムーンクラフト、東レ・カーボンマジックの活動に是非ご期待ください。
 
 
 
<ご参考>各社会社概要
東レ・カーボンマジック株式会社の概要
(1) 事業内容 : 炭素繊維複合材料成形部品の設計・開発・製造・販売
(2) 所 在 地 : 滋賀県米原市
(3) 設   立 : 2013年
(4) 代 表 者 : 代表取締役社長  奥 明栄
(5) 資 本 金 : 488百万円
 
ムーンクラフト株式会社の概要
(1) 事業内容 : 自動車・レーシングカー関連部品の開発・製造、デザイン開発
(2) 所 在 地 : 静岡県御殿場市
(3) 設   立 : 1975年
(4) 代 表 者 : 代表取締役社長  由良 拓也
(5) 資 本 金 : 33百万円
 
 
<ご参考>
ムーンクラフト株式会社開発車両【GT300-EVORA】

 
 
 
<本件のお問い合わせ先>
  ムーンクラフト株式会社 総務部
  〒412-0048 静岡県御殿場市板妻11-5 Tel:0550-89-7010
  (*社名・所在地などに変更はございません。)

follow us in feedly
Pocket

プレスリリース一覧に戻る
 ↩︎ 
 次の記事 
>
Page Top
ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス