風洞実験設備のご紹介

「風洞・風の研究所」

風洞実験設備について

レーシングカー開発のために導入した風洞設備です。最高速度40m/sのムービングベルトを備えた開放型の計測部を持ち、モデルに近接して観察を行うことができます。自社開発のPCプログラムにより計測作業が自動化され、初めての方にも大変使いやすいシステムとなっています。
また、計測データはお客様が持ち込まれたPCに直接取り込まれるため、本システムにはデータが残らず、機密上の管理も容易です。

ムーンクラフト風洞実験設備の特徴

回流式、小型モデル用風洞

社内ではレース車両の開発に使用中

各種実験のために一般向けにレンタル対応中

ムービングベルト方式(3分力)と固定床方式(6分力)

自動運転、自動計測による省力化

社内製ソフトウエアによるカスタマイズ可能

モデル準備・工作室が付属

風洞実験設備の詳細

ムービングベルト方式(3分力+タイヤ抗力計測)

この計測方式では、計測モデルを上方及び前方にワイヤーで支持しており、これに接続された歪みゲージでモデルに作用する荷重の変化を計測します。また、タイヤはそれぞれ回転できるように独立支持されており、ムービングベルトの作動に追従して回転し、実際の走行時と同様なタイヤ周りの状態を再現しながら、タイヤに作用する抗力を計測します。

試験対象
自動車2輪車船舶風車その他
レーシングカーの実例

2015年 SGT300クラス参加車両

固定床方式(6分力計測)

この計測方式では、計測部の床面中央に+/-180°回転可能な6分力計測機を設置し、X、Y、Zの3軸及び各軸周りのモーメントMx、My、Mzを同時に計測しています。

試験対象
車両2輪車風車ウィング飛翔体スポーツ用品その他
6分力計測機

ムーンクラフト株式会社 / 風洞実験設備の概要

名称
ムービングベルト付小型風洞
製造年
1986年設置、2004年改修、2014年自動化改修
製造会社
自社設計製作
風洞の特色
位置出し完了後の、モデルの着脱が容易
風洞制御、データ処理、モデル工作を行う場所が、測定部と同じ室内にあり、流れの観察・モデル形状の改良が容易
計測データのセキュリティを確保
基本仕様
吹出し口寸法: 幅1.0m×高さ0.7mの長方形
測定部長さ: 1.45m
風速範囲: 1.5m/s~40m/s
風洞形式
風路形式: 回流単帰路、横置き
測定部境界: 自由壁形
ノズル絞り比: 5
試験能力
模型寸法・重量: 最大長さ1200mm程度、最大重量50kg
地面模擬: ベーシックサクション付きムービングベルト装置
可能な試験項目: ムービングベルト方式での3分力+各タイヤ抗力計測、または固定床方式での6分力計測、タフト・スモークなどによる可視化実験
変角範囲: ピッチ: プログラムした任意のピッチ角で自動計測可
ロール: 任意
ヨー: 0°~5°程度
気流温度制御範囲: ダクト内無し、ただし計測室には空調設備あり。
計測システム
空気力計測: 単軸ロードセルによる3分力+各タイヤ抗力計測、または6分力ロードセルによる計測
風速計測: ピトー管および可変リアクタンス式圧力変換器
圧力計測: 微差圧センサーによる
データ処理: デジタルサンプリング、生データは保存
特記事項: 運転中に、モデルへの接近が容易
特色
計測は専用PC・プログラムにて設定値に従い自動制御運転。
計測データはクライアントPCへ保管(Excel対応)。計測データグラフを自動作成、データの後処理も可能。
モデル移動設置用のリフター有。
モデル工作室が隣接し、モデルの改造、変更に対応可能。

風洞実験設備スケジュール

<!––>
費用とプランについて 風洞実験 実績紹介
Page Top
ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス