紫電77レプリカ製作

❝出典:CAR GRAPHIC🔗

 
私が製作した多くのレーシングカーボディーのFRP型は、旧友のマッドハウス・故杉山哲が保管(と言っても裏の草むらに放置していただけですが)していました。
2013年に彼が亡くなってしまったので、FRP型がどうなっているのか調査をしました。

 
 
 
それがその時の画像(イメージ)です。
そこはまるで宮崎駿の「天空の城ラピュタ」の一シーンを彷彿させるような光景でした。

❝出典:ファインモールドWEBサイト🔗

 
でも流石FRPですね、紫電やグラチャンカーの型は40年の歳月を経て、変形こそすれどもカタチはしっかりと保持されていました。
 
レーシングカーコレクターの友人にこの話をしたところ「それじゃレプリカを作ってみたいね!」と言うことになり、とんとん拍子に製作することが決まりました。
 
今回の試みは同じ型を使った40年の時を経たリバースエンジニアリングとなりますが、私自身も久々に紫電と再開するのを楽しみにしています!
 
 
 
 
そして・・・
 
今年の春からムーンクラフトでは、紫電77レプリカの製作が始まっています。
現在製作中ですが、ムーンクラフトのホームページではその途中経過を公開しております。
 
※現在下記の製作項目を公開中です。

1.発掘編
2.シャーシ編1
3.カウル製作編1  (11/12 追加)
4.シャーシ編2   (公開予定)
5.カウル製作編2  (公開予定)

製作の途中経過は、今後順次公開を予定しています。
 
 
ムーンクラフトホームページの製作記事でも是非楽しんで頂けたらと思います。

follow us in feedly
Pocket

記事一覧に戻る
 ↩︎ 
 次の記事 
>

アーカイブ

SHARE

Pocket

follow us in feedly

MOONCRAFTのサービス

ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス

2014年、自社開発のPCプログラムにより計測作業が自動化されました。風洞のプロフェッショナルが、より精密で信頼のあるデータを導きます。

ムーンクラフト風洞実験設備へ
Page Top
ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス