ムーンクラフトは椅子も!?

先日ムーンクラフトでは、社内で使用している作業用の椅子が傷んでしまったため、キャスター等の足の部分はそのままに修理作業を行いました。
 
修理目的として始まった作業ですが、最終的にはCFRPカーボン化の椅子へ。
合わせて椅子の形もスタッフが新たに造形しました。
(左が修理前、右が修理後です。)

 
 
修理(製作?)したスタッフによると・・・
特にモチーフなどはなく、座り心地の改善がテーマ。
固いカーボンでできていますが、滑らか・柔らかな座り心地に造形しています。

 
 
また使い勝手が悪かった丸い座面は、前端を尖らせることで改善。
背もたれも座面に合わせたデザインになっています。
 
最後にムーンクラフトのロゴを背もたれに入れ、完成です。

 
 
なかなかかっこよく修理(!?)できました。
モノつくりが非常に好きなムーンクラフトスタッフ。
椅子の修理作業一つでも、こだわった造形、そしてカーボン化させてしまいました。
 
全てがゼロからの製作ではなく、こういった部分的な製品のカーボン化も様々な分野への応用ができそうですね。

 

カーボンファイバー製品製作のページは、こちらをご覧ください。>

follow us in feedly
Pocket

記事一覧に戻る
 ↩︎ 
 次の記事 
>

SHARE

Pocket

follow us in feedly

MOONCRAFTのサービス

ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス

2014年、自社開発のPCプログラムにより計測作業が自動化されました。風洞のプロフェッショナルが、より精密で信頼のあるデータを導きます。

ムーンクラフト風洞実験設備へ
Page Top
ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス