3D展開ソフトを用いた型紙製作

ムーンクラフトのスタッフブログ。
今回は製造部の Y(二人目)が、CFRP・カーボンファイバー製品製作における『3D展開ソフトを用いた型紙製作』を紹介したいと思います。

写真1:SGT-EVORA

 
 
CFRP製品の製作工程の一つに、積層という作業があります。【写真2】 (ラミネート作業とも呼ばれます。)
積層作業は、裁断したプリプレグシートを1枚毎に決められた繊維方向に従って成形型に積層する作業です。

写真2:積層作業中のSGT-EVORAライトベゼル

 
 
今回紹介する型紙製作は、その積層作業の前段階にあたる、積層作業に必要となるプリプレグシートを裁断するためのパターン(カットデータ)を作る作業です。

写真3:SGT-EVORA

 
 
 

    ① 3Dデータを用意します。
      元データは、車両設計の際に開発部が作成したものを使用します。【写真5】
      今回のライトベゼル部品は【写真4】の水色部になります。

    写真4:ライトベゼル周辺3Dデータ

    写真5:元データ

     
     

      ② 3Dデータを切り分けたいパーツに分解します。【写真6】

      写真6:ライトベゼルの3Dデータ(分解後)

       
       

        ③ 分解したデータを、展開して、3Dを2Dに変換します。【写真7】
          (このソフトで自由に線を引いて切り分けることもできます。)

        写真7:ライトベゼルのデータ
        左:3Dデータ 右:2Dデータ(展開後)

         
         

          ④ 2Dデータを加工して、実際にプリプレグシートを裁断するカットデータを作成します。
            先ほどの【写真7右】の2Dデータを使用します。
            積層作業では何層もプリプレグシート貼るため、
            各層毎にプリプレグシートを継ぐ位置をずらしたり、繊維の向きを変えたりします。
           
            また、この後実際にプリプレグシートのロールから切り出すため、
            プリプレグシートのロール幅に合わせたデータを作成します。
           
           
           

            ⑤ 出来上がったカットデータをカッティングプロッターで切り出します。【写真8】
             
              このような流れで積層作業で必要となるプリプレグシートが揃いました。【写真9】

            写真8:カッティングプロッター

             
             

            写真9:切り出されたプリプレグシート

             
             
             
            以上のような手順で型紙製作を行っています。
             
             
             
             
            展開ソフトを用いるメリットは、
            3Dデータさえあれば型が無くても型紙が作れることです。
            そのため、成形型の完成後、速やかに積層作業ができ、短納期の案件への対応を可能にしています。
             
             
            今後も、展開ソフトを、もっと使いこなせるよう頑張っていきたいです。

            写真10:積層作業中のライトベゼル

            写真11:ライトベゼルの実製品

             
             
             
             

follow us in feedly
Pocket

記事一覧に戻る
 ↩︎ 

最新の投稿

2023.08.02

里帰り

2023.07.20

軽登山

SHARE

Pocket

follow us in feedly

MOONCRAFTのサービス

ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス

2014年、自社開発のPCプログラムにより計測作業が自動化されました。風洞のプロフェッショナルが、より精密で信頼のあるデータを導きます。

ムーンクラフト風洞実験設備へ
Page Top
ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス