“2017富士仕様”LOTUS EVORA、紹介されています!

現在発売中のauto sport 9/8号 (No.1463)にて、”2017富士仕様”SGT LOTUS EVORAが紹介されています。

 
 
先月開催されました、SUPER GT 第5戦 富士。
SGT LOTUS EVORAは、第2戦の富士でのレース後から準備を進めてきた富士仕様のエアロアップデートを導入。
今回の記事内容はその第5戦富士でのものになります。
 
富士スピードウェイでのレースはシーズン2回開催されているSUPER GT。
今回の記事内ではauto sportさん調べによる5月開催の第2戦と8月開催の第5戦、2回の富士スピードウェイのデータを基にGT300クラス予選Q1のストレート最高速落差を一覧比較しています。
SGT LOTUS EVORAにとってはアップデート前とアップデート後の比較になります。
異なるコンディションに加え、様々な条件が関係してくるため単純比較はできませんが、SGT LOTUS EVORAが最高速の落差最小でトップだったと紹介して頂いています。
今回狙ったアップデートの効果の確認、そして数字で見ることのできる一つの方法ですね。
 
また、現在力を入れていますムーンクラフトの風洞設備についても触れて頂いている内容です。
 
よろしければ是非ご覧ください。
現在、既に発売中です。
 

 
 
auto sport 9/8号 (No.1463) についての詳細情報は、下記の株式会社三栄書房公式WEBサイトのauto sportページをご覧ください。
株式会社三栄書房公式WEBサイト – auto sport

follow us in feedly
Pocket

記事一覧に戻る
 ↩︎ 

最新の投稿

SHARE

Pocket

follow us in feedly

MOONCRAFTのサービス

ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス

2014年、自社開発のPCプログラムにより計測作業が自動化されました。風洞のプロフェッショナルが、より精密で信頼のあるデータを導きます。

ムーンクラフト風洞実験設備へ
Page Top
ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス