SUPER GT レース観戦

「令和」が始まり、早数日が経ちましたが、生活面に大きな変化はありませんね(汗)
今回は、製造部所属、普段はカーボンコンポジットのラミネート作業を中心に担当していますSがスタッフブログを書きたいと思います。
 
 
さて、ムーンクラフトにも最大10日間の休日、ゴールデンウイークがありましたよ!
そのゴールデンウイーク中の5月3日・4日に、SUPER GT 富士500kmレースを見てきましたよ!
 
今回のブログは、SUPER GTレース観戦リポートにしたいと思います。

 
 
土曜日午前5時の富士山、綺麗ですね~
ちなみに予選日前日の23時半に富士スピードウェイ西ゲートについたのですが、並んだ車の列は既に13列目。
今年は今まで以上に多くのファンが来ていた印象でしたね(汗)
 
毎年、富士のGTは見に来ているので、ブース等あまり目新しいことはなかったのですが、
今年はGRブースに来年から走るスープラが展示されていました!
GT仕様のスープラ、カッコよくて好きですね。

 
 
ちなみに私、日産が好きなので、こちらも載せておきますね(笑)

 
 
っといった感じで、メインスタンド裏のイベントブースには、車両の展示や、物販、トークショーなどがあります。
 
富士戦では、SUPER GTのほかにFIA-F4、ポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)などのサポートレースがありますが、今回の内容はSUPER GTです。
 
 
予選は快晴で暑い!っと感じるなか、GT300クラスでは56号車のリアライズGT-Rがポールポジションを取り、日産好きな私もウキウキです!


 
そしてGT500クラスは、37号車のKeePer LC500を抑えて23号車のNISMOがポールポジション!


 
しかし、Q2進出の3号車CRAFTSPORTS GT-Rと39号車DENSO LC500が4輪脱輪で最速タイム抹消とのこと。
CRAFTSPORTSもったいないなーと思いましたが・・・まぁ速さがあるので、決勝は期待してましたよ。
 
 
 
そして決勝日は、グリッドウォーク中に雷雨!すべての人が最悪っと思った瞬間でしょうね。
落雷もかなり落ちていました(汗)
 
こちらが前回のSUPER GT第2戦富士、レースハイライト動画です。解説は社長です!

❝動画:Youtube – SUPER GT Official Channel🔗

 
雨の開幕戦でクラッシュが多発したこともあり、今回は早々に赤旗レース中断になるという出来事はありましたが、天候は徐々に回復、無事再開。
 
 
結果としてはGT300の1位が11号車のGT-R、2位が55号車ARTA NSX、3位が88号車JLOC ウラカンでした。
GT500は1位が38号車ZENT CERUMO LC500、2位が23号車NISMO、3位が1号車RAYBRIG NSXでした。
 
GT300、優勝した11号車の安田さん、ひやひやさせすぎです😓
かろうじて耐えることができてよかったです!
 
しかし、56号車のリアライズ…結構厳しかったのかな。
まぁ、速さはあるので次戦頑張ってもらいましょう!
 
GT500は終盤のミシュランタイヤ勢のペースダウン…
想定以上の気温、路温の低下が原因としか思えませんでした。
 
しかし、富士と言ったらZENT!ですね。立川さん、石浦さん、速すぎですよ!
 
っと日産ばっかりのリポートになってしまいましたが、応援するのは自由ですので。社長や、社員に何を言われようと、日産を応援することはやめませんよ(笑)
 
 
ではでは、以上SUPER GT観戦リポートでした~!

follow us in feedly
Pocket

記事一覧に戻る
 ↩︎ 

SHARE

Pocket

follow us in feedly

MOONCRAFTのサービス

ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス

2014年、自社開発のPCプログラムにより計測作業が自動化されました。風洞のプロフェッショナルが、より精密で信頼のあるデータを導きます。

ムーンクラフト風洞実験設備へ
Page Top
ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス