BLOG記事一覧 - 1

「JAPAN LOTUS DAY 2017」エントリー受付・前売入場券販売開始

2017年4月2日(日)、富士スピードウェイ・メインコースにて、「JAPAN LOTUS DAY 2017」が開催されます。 昨年は、SGT LOTUS EVORAも同イベントに登場しました。     「JAPAN LOTUS DAY 2017」、エントリー受付・前売入場券の販売が2月1日より開始されています! 詳細情報は下記の、LOTUS MOTOR SPORTS ONLINE STOREのページをご覧ください。 LOTU… [続きを読む]

牧野任祐選手、ヨーロピアンF3参戦!

SUPER GT第6戦鈴鹿でEVORAの第3ドライバーを務めた牧野任祐選手。   先日行われましたHonda国内モータースポーツ活動計画発表会にて、2017年シーズンはヨーロピアンF3(FIA Formula3 European Championship)へ参戦することが発表されました。 チームはハイテックGPから参戦します。   昨年8月、SUPER GT第6戦の鈴鹿ではEVORAを駆って予選Q1でトップタイムを記録。 コ… [続きを読む]

カナードが生み出す流れとは???

“カナード”と呼ばれる空力デバイスもレーシングカーではよく使われます。今回はGTカーに使われるフロントカナードについて、その働きを見ていきます。   GT300 SGT LOTUS EVORAでは3種類のフロントカナードを用意してセッティングに備えています。(Fig.1) ムーンクラフトの空力開発室では風洞実験設備を使い、数多くのカナードをテストしてきました。カナードはそれを装着するとドラッグ(Cd)はほとんど… [続きを読む]

SGT LOTUS EVORA for 2017 season

ムーンクラフト空力開発室では、今オフシーズンも例年通り風洞実験が行われています。 あまり多くは書けませんがSGT LOTUS EVORA、2017年シーズンへ向けて開発中です。 今回は実験の合間に少しだけ、そして一部ですが風洞モデルが撮影できましたのでアップしたいと思います。 この2017年バージョンの完成はいつ!? そしてサーキットへ持ち込まれ、走り出すのはどのタイミングとなるのか!? 今から非常に楽しみですね!! [続きを読む]

SGT EVORA ’16シーズン前アップデートを振り返る②

SGT EVORAアップデートシリーズ第二弾はオルタネーター駆動ベルト編です。   前回紹介した通り、オルタネーターのレイアウトは完了したものの、適合するベルトがどこにもないことが判明しました。 (前回の新型オルタネーター選定・レイアウト編は、こちらをご覧ください。) ベストサイズのベルトは…   5PK480   上の品番は以下の意味を持っています。 5:リブ数 PK:ベルト形 480:有効周長(mm) &nbs… [続きを読む]

東京にフォーミュラeマシン登場!

電気自動車のフォーミュラカーレース、「フォーミュラe」。   由良がレース中継の解説等で、番組中継のお手伝いをさせて頂いているフォーミュラe。 現在シリーズも3年目に突入、3rdシーズンが行われています。(現在開幕2戦を終了) 少し前の話になってしまうのですが、昨年の2016年11月23日(水・祝)にフォーミュラeのマシンが東京・丸の内を走りました。   東京都千代田区丸の内で開催された「エコロジー&モビリティフェア in … [続きを読む]
BLOG記事一覧へ

人気の記事一覧

アーカイブ

SHARE

Pocket

follow us in feedly

MOONCRAFTのサービス

ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス

2014年、自社開発のPCプログラムにより計測作業が自動化されました。風洞のプロフェッショナルが、より精密で信頼のあるデータを導きます。

ムーンクラフト風洞実験設備へ
Page Top
ムーンクラフトのハイレベルな風洞実験サービス